Profile プロフィール

経歴

漫画家:崗田屋愉一(おかだや ゆいち)・旧名岡田屋鉄蔵(2016年改名)

2007年「タンゴの男」(宙出版)岡田屋鉄蔵名義でデビュー。2010年奇譚時代劇「千」(白泉社)発表後、時代劇ジャンルに活動の場を広げる。2011年、国芳一門を題材にした「ひらひら国芳一門浮世譚」(太田出版)を発表、文化庁メディア芸術祭推薦作品に選出され評判を得る。2016年「口入屋兇次」(集英社)日本漫画家協会大賞最終選考ノミネート。

現在少年画報社ヤングキングアワーズ誌にて「無尽〜MUJIN」連載中」

Manga (Graphic Novel) Artist

Debut in 2007 as a graphic novel artist with "The man of Tango".

After releasing the fantasy Samurai story titled "SEN" in 2010, developing the genre on historical human drama.

Receiving Special Achievement Award at 16th Japan Media Arts Festival in 2011 with "Hirahira -kuniyoshi ichimon ukiyotan", a story about the real life Ukiyoe artist Utagawa Kuiyoshi and his pupils who lived the end of Edo period.